家族療法としての癌治療

癌治療において、ほとんど注目されていないことですが、癌になると、患者様ご本人が病んでしまうばかりでなく、看病をされているご家族まで病んでしまうことが少なくありません。

病むというのは、病気になるという意味に限定されず、癌の患者様を気遣って精神的な負担が大きくなり、また、看病のために肉体的にも疲労がたまるようになり、癌患者様だけでなく、家族も含めた全体的な家族構造が病んでくるということです。

逆に家族が病んでるのを一身に引き受けた人が癌になったのではないかと疑われるケースもございます。

どちらにせよ、一人だけが病むというよりは、家族全体の治療として取り組んだ方が、治療結果を良くなります。
そこで、目白ポセンシアクリニックでは、可能であれば付き添いの方も生活習慣改善プログラムを一緒にお受けいただけますようお願いしております。

病気という運命に振り回されるのでなく、病気を活用してより良い人生を歩んでいく、そんな賢さを身につけることも、癌との賢い付き合い方だと思います。

その一環として、目白ポセンシアクリニックでは、今後、医学界でも研究されるべき課題であるべきだと思い、家族療法としての癌治療に取り組んでいます。